Informationお知らせ

IHE Europe Connectathon 2009の審査に合格しました

アレイ株式会社は、2009年4月20日(月) – 4月24日(金)にウィーンで実施された、IHE EuropeのConnectathon 2009に参加し、登録した4つのすべてのアクターについて審査に合格いたしました(Connectathon(コネクタソン)についてはこちらを参照してください)。

審査に合格した製品はArray AOC、Array Gattinoです。
登録情報は、下の表の通りです。

Array AOC
プロファイルアクターオプショントランザクショントランザクションの内容
IRWFImporterScheduled Import – Uses MWLRAD-5Modality Worklist Provided
RAD-10Storage Commitment
RAD-59Import Procedure Step in Progress
RAD-60Import Procedure Step Completed
RAD-61Imported Objects Stored
Unscheduled Import – No MWLRAD-10Storage Commitment
RAD-59Import Procedure Step in Progress
RAD-60Import Procedure Step Completed
RAD-61Imported Objects Stored
ITI-21Patient Demographics Query
PDIPortable Media ImporterRAD-47Distribute Imaging Information on Media
PDIPortable Media CreatorWeb ContentRAD-47Distribute Imaging Information on Media
Array Gattino
プロファイルアクターオプショントランザクショントランザクションの内容
IRWFPatient Demographics SupplierITI-21Patient Demographics Query

会場の様子

会場の写真1 会場の写真2 会場の写真3 会場の写真4

コネクタソンとは…

コネクタソンとは、「コネクト」と「マラソン」をかけ合わせた造語で、医療関連メーカー各社が製品を持ちより、IHEが提唱するガイドラインに適合するかどうかをテストするイベントのことです。

IHE(Integrating the Healthcare Enterprise)は、医療システムの相互通信と医療情報の統合を促進するためにRSNA(北米放射線学会)およびHIMSS(病院情報管理システム学会)によって設置されたプロジェクトです。
日本では、IHE-Jとして活動しています。

IHEでは、医療機関が行うさまざまな業務を、医用情報の国際規格であるDicom*とHL7**を使って整理し、標準化しています。
この整理・標準化された業務を「統合プロファイル」と呼びます。
コネクタソンでは、各統合プロファイルにもとづいてテストが行われます。
* Dicom(Digital Imaging and COmmunications in Medicine)は、医用画像の通信や保存に関する規格です。
** HL7(Health Level 7)は、医療機関内の患者、オーダー、財務、予約、人事などの各種情報を円滑に交換するための規格です。

PDI(Portable Data for Imaging)、IRWF(Import Reconciliation WorkFlow)は、統合プロファイルの名称です。
Array AOCのCD/DVD作成機能で作成された診断画像ディスクはPDIに対応しています。メディアインポーター機能はIRWFに対応しています。

IHE Europe公式サイト Connectathon 2009

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide