Informationお知らせ

国際医用画像総合展(ITEM2017)出展のお知らせ

アレイ株式会社は国際医用画像総合展(Item2017)に出展いたしました。
期間中に会場に設置されるJira企画コーナープレゼンテーションブースでは、「多様化・高速化するインポーター」、「netPDIによる地域連携の事例紹介」の発表を行いました。
たくさんのみなさまにご来場いただき、ありがごうございました。

国際医用画像総合展(Item2017)

  • 開催日時:
    4月14日(金) 10:00-17:00
    4月15日(土) 9:30-17:00
    4月16日(日) 9:30-15:00
  • 会場:パシフィコ横浜 展示ホール A(一部), B, C, D
  • 小間番号:119

展示製品

KioStesso(自立型)・KioStessino(卓上型)
患者さまご自身で画像をインポートしていただくキオスク端末です。ATMのような優しくわかりやすい操作。患者さまにも簡単に操作していただけます。
Preludio quattro
4台の光学ドライブで並列読み込みができるインポート専用機。タッチスクリーンで簡単に操作できるのも魅力です。オプションでnetPDIからのインポートにも対応します。
Array AOC Preludio
他施設から来た画像をPacsにインポートするためのソフトです。CDやDVDだけでなく、オプションでnetPDIからのインポートにも対応します。
Iolanta
他施設とのエクスポート・インポートを一元管理するシステムです。無駄なエクスポートやインポートを削減し、さまざまなレポートも作成できます。
Grand Bleu
他施設から来た画像を一時的に保存するテンポラリーPacsです。メインPacsにインポートする画像を選択できます。
AOC web Export
Webブラウザーを使ってPacsの画像をエクスポートするシステムです。院内のさまざまな場所からエクスポート指示ができます。CDの作成はもちろん、netPDIにも対応。netPDIのトークンシートがプリントできるのはもちろん、PacsだけでなくSS-Mixストレージに置かれた検査結果や処方の情報がエクスポートできます。
Connecticut pro
Dicom画像データを、さまざまな条件によって必要なサーバーに配信するルーターです。
Array Quartina
Pacs入力前に画像をチェック・編集する検像システムです。複雑な条件の自動処理にも柔軟に対応します。使いやすさを追求したユーザーインターフェイスも特長です。
Radamès
検像システムと連携して線量管理をするシステムです。モダリティが出力したRDSRデータを管理し、データや集計結果を表示します。患者さまごとの線量トラックもできます。
2905M
マンモフィルムにも十分な光学濃度0.00-4.30の広いダイナミックレンジと高速スキャン、安定性を実現した孤高のフィルムデジタイザー世界標準機。ソフトウェアの機能も充実しています。
Cappuccino Duo
内視鏡などの画像をDicom化する装置です。コンパクトなので設置場所を選びません。

主催者プレゼンテーションブース

演題:多様化・高速化するインポーター

  • 発表日時:4月14日(金) 15:00-15:15
  • 発表者:植田 晃輔

演題:netPDIによる地域連携の事例紹介

  • 発表日時:4月15日(土) 11:00-11:15
  • 発表者:山中 誠一

Item in JRC 2017 国際医用画像総合展

会場の様子

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide