光学濃度4.3対応 高速・高画質フィルムデジタイザー

2905Mロゴ
2905M製品画像

医療機器認証番号:21400BZZ00160000

旧型の2905(Scsi接続タイプ)をご使用のお客さまへ

平素はアレイ製品をご愛用いただき、厚くお礼申し上げます。

旧型の2905型(Scsi接続タイプ)は2006年に製造を中止しており、保守サービスにつきましても2016年6月末日をもって終了させていただきました。

なお、現行の2905M型(USB接続タイプ)につきましては、今後も販売・保守サービスを継続いたしますので、今までと変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ご不明の点につきましては、弊社営業担当者にお問い合わせください。

旧型の2905型(Scsi接続タイプ)は2016年7月1日以降、「修理」や「端末のみ更新」などのお取り扱いはできません。2905本体を現行機2905M(USB接続タイプ)に更新していただくことになりますが、どうかご理解のうえ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

2905Mの特長

高画質スキャン

フィルムデジタイザーの画質を決めるポイントは画像の暗い部分の再現性です。

2905Mは標準でも光学濃度4.3(高濃度オプションでは光学濃度4.7)まで対応する広いダイナミックレンジを持ち、画質、とくに階調再現性に優れています。

レーザーだから高濃度の部分もノイズが目立たず。CCDでは再現が難しいとされる暗い部分の微妙な濃淡も確実にデジタル化します。

また内部14bits、出力12bits(4096階調・光学濃度にリニア)のA/Dコンバーターを採用。きめの細かい自然なトーンが得られます。

ピクセル間隔は50μmから200μmまで1μm単位で指定可能、高画質が欠かせないマンモグラフィーから一般撮影まで画像の特性に合った条件でスキャンできます。

ドイツが認めた実力

2905シリーズは、2003年ドイツのBAM(Bundesanstalt fur Materialforschung und-prufung:連邦材料研究・試験所)の厳しいテストを経て、同所から世界最初のDS9グレード(高濃度オプション実装時。標準でもDB9グレード)のフィルムデジタイザーとして認定されました。

長尺フィルム・特殊サイズフィルムに対応

下肢の撮影に使用する14″×42″などの長尺フィルムや特殊なサイズのフィルムのスキャンが可能です。*

* フィルムの短辺の長さが364mm以下のものが対象です。

高速スキャン

半切フィルム(14″×17″)を約6秒でスキャンする(200μm、標準モード)ことができます。

CCD方式のフィルムデジタイザーと比べ、2905Mのスキャンの早さは一目瞭然です。

スキャン画像のDICOM通信

オプションのArray AOC(スキャンオプションつき)と組み合わせると、スキャン画像をDicom通信でイメージサーバーやイメージャに送ることができます。

画像分割機能が組み込まれているので、マルチイメージフィルム(1枚に複数のコマが配置されたフィルム)をスキャンする場合、自動的に画像を各コマに分割・位置合わせできます。

高画質等倍デジタルデュープの作成

オプションのArray AOC(スキャンオプションつき)とDicomイメージャを使うと、オリジナルフィルムと同じサイズの高品質”デジタルデュープ”を作成できます。

1回のスキャンでイメージサーバーへの送信とデジタルデュープの作成が同時にできるほか、コピー感覚でイメージサーバーへの送信なしでデジタルデュープを作成する”コピーモード”があります。また、デジタルデュープには、デュープであることを示す文字が入れられます。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide