内視鏡や超音波装置の画像を高画質でDicom化

Cappuccino Duo ロゴ
Cappuccino Duo 製品画像 Cappuccino Duo 製品画像

Cappuccino Duoのご紹介

製品概要

病院や診療所では、レントゲンやCTなどのさまざまな種類の画像診断装置が使われています。現在では診断画像の多くがPacsにと呼ばれる専用の画像システムで保存され、医師のコンピューターで画像を見ることができるようになっています。画像診断装置からPacsにへの画像の送信には、Dicomと呼ばれる規格が使われます。ただPacsには、当初レントゲン、CT、MRIなど、放射線関係の画像診断装置から生まれたため、内視鏡、眼底カメラ、超音波診断装置など、放射線科以外で使う画像診断装置には、Dicom規格で画像を送信する機能がないものもあります。

Cappuccino Duoを使うと、Dicom出力機能がない内視鏡、眼底カメラ、超音波診断装置の画像をDicom規格にしてPacsに送信できるようになります。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide