Connecticut proについてのFAQ

どんな製品ですか?

DICOMの保存用画像データを、さまざまな条件によって、必要なイメージサーバーに配信(ルーティング)するためのルーターボックスです。 複数の送信先を指定でき、しかも自由に配信ルールを(どういうデータをどこに配信するか)を設定できます。 転送の際、さまざまな条件によって属性情報を追加・変更したり、画像の表現形式や転送構文(Transfer Syntax)を変更したりすることができます。 ひとつの画像データを、あるサーバーにはそのまま、あるサーバーには圧縮して送るなどといった指定ももちろん可能です。

どんな目的で使うものですか?

複数のイメージサーバーへのDICOM画像データ送信
画像診断装置がひとつのイメージサーバーにしかデータが送信できないときに、複数のサーバーにデータを送信するために使います。
条件設定によるDICOM画像の送信先サーバー自動選択
画像データの送信先サーバーを、画像診断装置のタイプや検査部位など、さまざまな条件に応じて自動的に選択したい場合に使います。
同一画像データの圧縮、非圧縮データを所定のサーバに配信
ひとつの診断画像データを、あるサーバーへは圧縮せずに、別のサーバーへは圧縮して送信したい場合に使います。
DICOM属性情報の変更・追加(オプション)
ある画像診断装置から出力されるDICOM画像データの属性にたりない項目がある場合、自動的に付加してサーバーに送信したいときに使います。
DICOM画像データ配信ルールの設定
さまざまなDICOM画像データをどこにどのように配信するか、自由にルールを決めて送信したいときに使います。

どこが優れているのですか?

DICOMの保存用画像データを、設定したルールにしたがって複数のイメージサーバーに配信するという、ほかに例を見ないユニークなコンセプトの製品です。 最大4入力/4出力に対応することができます。

オプションはありますか?

オプションとして、次のものをご用意しています。
  • 属性情報の付加・変更
  • FTPによる受信・送信
  • DICOMファイルの手動送信
  • リモートメンテナンス
  • 各種のカスタマイズ
    • 画像フォーマットの変換
    • 画像ビット数の変換
    • パレットカラーの展開

DICOMサービスクラスは何をサポートしていますか?

  • DICOM Storage SCP/SCU
  • DICOM Verification SCP

送り先サ-バ-がダウンした場合、デ-タ保存はできるのですか?

データは保存されるようになっていて、安全性は確保されています。 再送処理は自動、または手動で行います。 自動で再送する場合、以下の設定が可能です。
  • 送信に失敗した場合、決められた回数だけ、決められた間隔で送信リトライする
  • 送信に失敗した画像を、1日に1回、決められた時刻に再送信する

保存できるデータの容量はどれくらいですか?

約370GBです。

サ-バーの故障の表示はどのようにするのですか?

画像が送信できなかった場合に発生するエラーについて、簡単な表示がされます。

対応している画像のDICOMの転送構文(Transfer Syntax)は何ですか?

  • Implicit VR Little Endian
  • Explicit VR Little Endian
  • Explicit VR Big Endian
  • JPEG Baseline
  • JPEG Extended
  • JPEG Lossless, Non-Hierarchical
  • JPEG Lossless, Non-Hierarchical, First-Order Prediction
  • RLE
  • JPEG 2000
  • JPEG-LS

製品名の由来は何ですか?

Connecticutは、ご存知のように、アメリカの北東部の州名です。小さな州でありながら、最近では最先端技術の会社が集まる州としても注目されています。 当製品はDICOMストレージデータを内容に応じて複数の必要な送信先に配信するルーターであることから、画像データをConnectしCutするルーターボックスという意味で、ConnectとCutという2つの単語を製品名に含めました。そして、そこに小さくとも最先端技術が集まるというイメージを込めて、当製品はConnecticutと名づけられました。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide