CT、MRIなどの画像をDicomでストア・プリントするための
アクイジションゲートウェイ・ボックス

Dicom Pro Plus ロゴ
Dicom Pro Plus ロゴ

平素はアレイ製品をご愛用いただき厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、2015年3月31日をもちましてDicom Pro Plusの新規販売を終了させていただきました。

保守対応や後継機種に関する詳細につきましては、弊社営業までお問い合わせください。

DICOM Pro® Plusのご紹介

製品概要

Dicom Pro® Plusを使うと、Dicom出力に対応していないCTやMRIなどの画像診断装置の画像をDicom化してストア・プリントすることができます。

レーザーイメージャと同様の直感的な操作で画像診断装置の画像を取り込み、患者・検査情報を取得・付加してDicomイメージサーバー(Storage SCP)にストアでき、同時にDicomイメージャー(Print SCP)でフィルムプリントもできます。

画像の取り込みには、アレイが独自に開発したキャプチャボードを使用。ブレがなく、階調再現性の優れた画像が得られます。

また、UPS(無停電電源装置)によって、突然の停電時にも正常なシャットダウン処理を行い、システムデータの破壊を防ぎます。

ストアスイッチモードに切り替えてオプションのOCR 機能を利用することにより、ストア、プリントを含むほとんどの操作を、キーパッドの画面を見ることなく手元で行うことができます。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide