His、Ris、電子カルテのデータをDicomで利用するためのゲートウェイ

Array Gattinoロゴ
Array Gattino画面

Array GattinoについてのFAQ

どんな製品ですか?

病院情報システム(his)や放射線科情報システム(ris)、電子カルテシステムなどNon Dicom情報システムとDicom情報システムの間で患者、検査情報を相互交換できるようにするゲートウェイソフトです。

どんな目的で使うものですか?

ワークリストの出力、管理(Dicom Modality Worklist Management Service)
Non Dicomhis/risなどの検査情報をDicomワークリストとして出力、管理するためにご利用いただきます。
検査の進行状況などの情報送信、管理(Dicom Modality Performed Procedure Step)
Dicomデジタル画像システムによる検査の進行状況などの情報をHIS/RISなどに提供するためにご利用いただきます。

どこが優れているのですか?

his/risなどが2系統以上ある場合にも対応できます。

また、さまざまな仕様があるhis/risなどとのインターフェイスを簡単な接続交換によって可能にします。

また、患者情報だけを取得するような設定もできます。

Dicomサービスクラスは何をサポートしていますか?

次のDicomサービスクラスをサポートしています。

  • Dicom Modality Worklist Management SCP
  • Dicom Modality Performed Procedure Step SCP

どんなデータベースエンジンと接続できますか?

基本的にDB2やOracle、Microsoft SQL Serverなど標準的なリレーショナル・データベースなら接続できます。

検索するのに時間がかかりますか?

his/risのシステムにもよりますが、通常は数秒で検索できます。

製品名の由来は何ですか?

Gattinoは、イタリア語で「子猫」を意味します。

当製品がhis/ris(病院情報システムおよび放射線情報システム)とDicomを接続するためのDicomゲートウェイソフトウェアであることから、製品名にGate「門」という単語を含めました。

そして、そこに好奇心旺盛な「子猫」がどこからか情報を運んでくるというイメージを込めて、当製品はArray Gattinoと名づけられました。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide