高度な機能が簡単な操作で使える
強力な画像インポーター

Array AOC Preludioロゴ
Preludio画面

Preludioの特長

重複インポートを防止

一度読み込んだ画像やPacsサーバーの画像をチェック。すでにPacsにある画像と同じ画像をインポートするのを防ぎます。

Dicomチェック機能

読み込んだDicomデータは送信前にDicom規格に適応しているかチェックできます。

また送信エラーとなった画像は、改めてDicomチェックができます。

だれでも簡単に使えるウィザードモード

Dicom MWM(ワークリスト)を使う場合、DicomやPDIの予備知識がなくてもPreludioが自動的に判断し、簡単にインポートができる「ウィザードモード」があります。

連続読み込みに対応

複数枚のディスクを連続で読み込むことができます。

使いやすい患者単位の適合化

ディスクに複数患者の検査が含まれていても、患者単位で情報を編集することができます。

サムネイルや画像を枚数を見てインポートする検査・シリーズを選択

表示されるサムネイルや画像枚数を見てからインポートする検査・シリーズを選択できるので、無駄な時間が減り作業時間を短縮できます。

PDIディスクの非同期読み込みの採用ですぐに操作が可能

DicomDIR”があるディスクの場合、画像データの読み込みは患者情報・検査情報の編集と並行して行われるので、読み込みがすべて終わらなくても、すぐに情報の編集が始められます。

送信エラー時の自動送信リトライ

サーバーに送信できなかった場合、サーバーが受信できるようにデータ形式を変更して自動的に再送信します。*

* データの修正機能を利用した場合、元の情報の一部が失われることがあります。

Dicom MWMやIHE PDQを使った情報編集*

患者情報・検査情報の編集にMWMとPDQを利用することができます。

* AOCのオプションが必要です

IHE IRWF対応のDicomデータ形式

IHEのIRWFで提案された形式で変更前の情報やインポートの履歴をデータ中に記録することができます。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide