高度な機能が簡単な操作で使える
強力な画像インポーター

Array AOC Preludioロゴ
Preludio画面

Preludioの更新情報

バージョン 2.0.9.3リリース
  • Preludio内で表示される画像数(読み込んだメディアすべて、検査単位、シリーズ単位)として、従来の画像枚数の代わりにフレーム数の合計値を表示できるようになりました。富士フイルムメディカル社製Pacs製品Synapseと同じフレーム数が表示できます。
    読み込みモードが「全検索 (低速)」の設定の場合のみ、この機能を設定できます。
  • 非PDIメディアの読み込み時に警告する機能を追加しました。
    DicomDIRファイルが存在しない場合またはDicomDIRファイルの読み込みに失敗した場合に警告を表示し、読み込みを続行またはキャンセルできる機能を追加しました。読み込みモードが「自動」の設定の場合のみ、この機能を設定できます。
  • 送信予約完了直後に送信キュータブを自動的に表示する機能を追加しました。 初期モードが「詳細モード」の場合のみ、この機能が有効です。
  • RDSRなど画像以外のDicomデータも読み込む機能を追加しました。
    従来は、DicomデータであってもPixel Data(7FE0,0010)がない場合は読み込み対象ではありませんでしたが、設定により読み込めるようになりました。
  • ウィザードモードの初期表示画面を指定できるようになりました。
    以下の3つから指定できます。
    • (自動判定)
    • ワークリスト検索画面
    • 手動入力画面
    初期表示画面の設定が「(自動判定)」の場合は、ワークリストを使用する設定がされていればワークリスト検索画面を表示します。それ以外は、手動入力画面を表示します。
  • ウィザードモードの手動入力画面の設定で、「表示/使用項目」と「必須入力項目」をそれぞれ設定できるようになりました。
    • 表示/使用項目:「患者氏名」、「生年月日」、「性別」(患者IDは必ず「表示/使用」項目です。)
    • 必須入力項目:「患者ID」、「患者氏名」、「生年月日」、「性別」
  • 患者IDに数字以外が入力された場合に自動で削除する機能を追加しました。
    ウィザードモードの手動入力画面と、詳細モードの患者情報編集画面で、患者IDに数字以外の文字が入力された場合、自動で削除する機能を追加しました。
    ワークリスト検索用の患者IDには適用されません。
    患者IDの使用文字が「数字のみ」の設定の場合のみ、この機能を設定できます。
  • 送信キューの状態表示仕様を変更しました。
    検査の送信状態欄に「重複検査」と表示される場合、従来はその検査内のシリーズの送信状態として「重複検査」・「送信済み」・「送信エラー」・「不明」のいずれかを含んでいましたが、「重複検査」・「送信済み」のいずれかを含む場合のみに変更しました。
    「送信済み」と表示される場合、従来はその検査内のシリーズの送信状態として「送信済み」・「不明」のいずれかが含まれていましたが、「送信済み」を含む場合のみに変更しました。
  • 詳細モードの「送信予約」処理中に表示されるメッセージが適切でないことがあり修正しました。
  • ウィザードモードの初期画面に前回入力値が残ってしまう不具合を修正しました。
  • PDFのDicom変換処理に時間がかかった場合、Dicom属性の検査部位を編集した結果が適用されないことがある不具合を修正しました。
バージョン 2.0.9.1リリース
  • 患者情報を編集する際、修正前の患者情報と選択した患者情報が異なる場合に表示される警告内容に、患者情報を表示するようにしました。
  • 送信時にシリーズ番号を新しく発番する設定が有効な場合、検査日時の新しい順または古い順にシリーズ番号を発番するように変更しました(初期値:新しい順)。
  • 詳細モードの画面左側のリストから患者または検査を複数選択できないようにしました。
  • 自動処理機能利用時のファイルの監視方法を変更し、ファイルアクセスの負荷を減らしました。
  • AOCメディアとPDIメディアの判定方法を変更しました。
    • AOCメディアの判定方法:
      これまでは、ドライブタイプがCD-ROMかつボリュームラベルラベルが”AOC_”で始まる場合にAOC(および AOC7)で作成したメディアであると判定していました。
      今回の変更では、読み込みフォルダー内にDICOMDIRファイルが1ファイル存在し、DICOMDIRのMedia Storage SOP Instance UID (0002,0003)の値が”1.2.392.200054.”で始まる場合にAOC(および AOC7)で作成したメディアであると判定するようにしました。AOC(およびAOC7)で作成したメディアに対する動作はこれまでどおりで、自動的にDICOMDIRファイルと同じ階層にあるVIEWER、IHE_PDI、VINFOフォルダーを画像検索対象外にします。
    • PDIメディアの判定方法:
      これまでは、読み込みフォルダー直下にDICOMDIRファイルとIHE_PDIフォルダーが存在する場合にPDIメディアである判定していました。
      今回の変更では、読み込フォルダー内にDICOMDIRファイルが1ファイル存在し、DICOMDIRと同じ階層にIHE_PDIフォルダーがある場合にPDIメディアである判定するようにしました。PDIメディアであると判定した動作はこれまでどおりで、設定により、DICOMDIRファイルと同じ階層にあるIHE_PDIフォルダーを検索対象外にすることができます (ただし、AOCメディアではない場合に限ります) 。
  • ステータス出力フォルダーの初期値をPreludioWork フォルダに設定しました。
  • 送信時の重複チェッククエリー結果が返ってこない場合、2分経過後に送信エラーになるようにしました。
  • 不具合修正:
    • ログ出力の不具合を修正しました。
      PreludioMain_XX.txt(XX は日付)ファイルに書かれるDICOMDIR読み込み時のログで、Study Instance UIDとSeries Instance UID が逆に書かれていた部分を修正しました。
    • ウィザードモードの手入力画面の「次へ」ボタンの不具合を修正しました。
      ウィザードモードの「次へ」ボタンが、Preludio 起動初回のみしか実行できない(読み込みボタンがアクティブにならない)不具合を修正しました。
    • Dicom画像を読み込む際、発番したUIDが64バイトを超える不具合を修正しました。
      一度に101枚以上の非Dicom画像を読み込むと、発番するStudy Instance UID、Series Instance UID、SOP Instance UIDが64バイトを超えてしまう不具合を修正し ました。
    • 送信キューの自動削除のタイミングを見直し、適切に削除を行うようにしました。これによりPreludioの動作が異常に遅くなる不具合が修正されました。
    • 削除対象を検出する際、本来は期間(日数)を比較対象とすべきところを、時刻(HH:mm の HH のみ)を比較対象としていたため、自動削除が行われないという不具合を修正しました。
バージョン 2.0.8.4リリース
  • 検査部位(0018,0015)を検査単位で編集できる機能を追加しました。
    • 編集画面は、検査リストの検査情報欄をクリックすると表示されます。
    • テキスト入力またはドロップダウンリストで値を選択できます。
    • ドロップダウンリストの内容は、拡張Dicom属性編集の設定画面で登録できます。
  • 患者IDに編集前と同じ値を入力した場合、そのまま適用されるようになりました。これまでは同じ患者IDを入力すると、最後の1桁が削除された値が適用されていました。
  • 任意で追加表示できる3つの患者属性項目について、検査ごとに集約して表示できるようになりました。
    • 患者または検査リストと患者情報編集画面の2か所に表示されます。
    • 値が混在する場合は”*”(アスタリスク)が表示されます。
    • 患者情報編集画面が開いたあとに(遅れて)メディアからデータが取得され、各患者属性項目の内容が変化した場合、更新ボタンを押すと「修正後」エリアの値が更新されます(更新ボタンは、内容が変化するとクリックできるようになります)。
バージョン 2.0.8.1リリース
  • 詳細モードでDicom属性の検査部位(0018, 0015) Body Part Examinedを検査単位で編集できる機能を追加しました。
    画面右側の検査リストにある検査情報表示欄をクリックすると、編集ダイアログボックスが表示されます。この中で編集できる項目に検査部位を追加しました。編集した結果はその検査に含まれるすべてのシリーズに適用されます。
バージョン 2.0.7.1リリース
  • ウィンドウを最小化すると、タスクバーではなく、タスクトレイに格納されてしまう不具合を修正しました。
  • Windows 7で設定画面の一部が隠れてしまう不具合を修正しました。
バージョン 2.0.7リリース
  • シリーズサムネイル表示ウィンドウのサムネイル表示順が変更されました。DicomDIR内に(0020,0013)Instance Numberが存在する場合、この値の昇順でサムネイルが表示されます。
  • IHE_PDIフォルダー内のJpeg画像を読み込まない条件として、以下の設定が追加されました。
    • IHE_PDIフォルダー内のJpeg画像は読み込まない。
    • Dicomの画像数とIHE_PDIフォルダー内のJpeg画像数が同じ場合、Jpeg画像は読み込まない。

    * AOCで作成されたメディアのIHE_PDIフォルダー内のJpeg画像は常に読み込まれません。

  • Dicom画像およびPDFファイル(オプション)をDicomに変換する際の検査日時の選択肢として、従来のExif情報・ファイル作成日時に加え、空欄が選択できるようになりました。
    選択した内容は以下のDicom属性に適用されます。
    • Study Date(0008,0020):
      取得した日付または空欄
    • Study Time(0008,0030):
      取得した時刻または空欄
    • Content Date(0008,0023):
      取得した日付または空欄(Study Dateと同じ値)
      PDFファイルの場合はPDFファイルからDICOMデータを作成した日付または空欄
    • Content Time(0008,0033):
      取得した時刻または空欄(Study Timeと同じ値)
      PDFファイルの場合はPDFファイルからDICOMデータを作成した時刻または空欄
  • 送信予定画像数の表示が、送信チェックをオンにしたシリーズの合計画像数と一致しないことがある不具合を修正しました。
バージョン 2.0.5リリース
  • ウィザードモードで重複メディアとして判定された場合、警告ダイアログボックスで「読み込まない」ボタンをクリックするとエラーが発生する問題を修正しました。
バージョン 2.0.4リリース
  • 一部のシステムで「^」以降の半角カナ患者名が文字化けする問題を修正しました。
  • Specific Character Setの設定方法を変更しました。
    従来、ワークリストから取得したSpecific Character Setを優先して送信画像に適用していましたが、Preludio側で設定されたSpecific Character Setの内容を優先するようにしました。
    これにより、ワークリストから取得したSpecific Character Setが不正確な場合でも、正しい内容をPacsに送信できるようになりました。
  • Preludio設定画面の「全般」タブの「読み込み設定」欄で、「左側リストのまとめ方」を「検査単位」に設定した場合、詳細モードの左側リストに検査カラムを表示するようにしました。
    検査カラムには、検査日とモダリティを表示します。
  • ワークリスト検索時にモダリティを選択する機能を追加しました。
    Preludio設定画面の「Worklist」タブで、「検索キー」欄の「Modality」を「検索時に選択」に変更することで、詳細モードの患者検査部、およびウィザードモードのオーダー検索画面にModaliryドロップダウンリストが表示されます。
  • シリーズサムネイル表示ウィンドウ内のサムネイル表示サイズの拡大設定を追加しました。
    Preludio設定画面の「画像」タブの「サムネイルサイズ」で以下の設定ができます。
    • 標準:従来と同一サイズでサムネイルを表示します。
    • x倍:標準を1倍としたときの縦横サイズの拡大率を、2〜6までの範囲で設定できます。
  • SOP Instance UIDがDicom規格に違反している画像が見つかった場合、新規に作成する機能を追加しました。
    1シリーズ内に1画像以上のSOP Instance UIDのDicom規格違反が見つかった場合に、1シリーズ内のSOP Instance UIDを新規に作成します。
    判定の条件は以下のとおりです。
    • 65文字以上
    • 数値、ドット以外の文字が存在
    • 先頭もしくは終端にドットが存在
    • ドットが2文字以上連続
    • ドットで囲まれる文字列が0で開始(「0」1文字だけの場合を除く)
バージョン 2.0.3リリース
  • 患者IDを編集した場合に、患者氏名が空になることがある不具合を修正しました。
    この不具合は、以下の条件を満たす場合に発生します:
    • 患者氏名の編集テキストボックスが非表示
    • 送信先サーバーとしてSynapseオプションを設定
    • 複数患者に対して全選択で患者IDを編集
バージョン 2.0.0.1リリース
  • ウィザードモード(MWM版)が追加されました。
    • 従来の操作画面は「詳細モード」という名称になりました。
    • 画面右上のモード切替ボタンで「詳細モード」と「ウィザードモード」を切り替えることができます。
      (メディアの読み込み前のみウィザードモードに切替可能です。詳細モードにはいつでも切り替えることができます。)
    • ウィザードモードを使用する/使用しないは設定で変更できます。
    • Preludio起動時のモードを設定できます(送信後も設定したモードに切り替わります)。
    • ウィザードモードで表示される患者名の敬称を設定できます。
    • MWM検索画面で、検査日入力欄の表示/非表示を設定できます。
    • MWM検索画面で、検査日更新時刻を設定できます。
    • MWM検索画面が表示されたときに自動で検索を開始できます。
  • 「送信キュー」タブに重複検査が存在する場合、サーバーのIPアドレスまたはホスト名が表示されていた部分に、AOCで設定された登録名が表示されるように変更されました。
  • 重複検査の一致条件の設定に「受付番号」が追加されました。
  • AOCの「拡張Dicom属性編集の設定」ダイアログボックスで、Dicomタグの設定値が「設定なし」の場合の動作を変更しました。
    • 元のDicomファイルのDicomタグがない場合、および元のDicomファイルのDicomタグはあるが空欄の場合に、何の処理もしない。
    • 元のDicomファイルのDicomタグがあり、値もある場合、空欄にする。
バージョン 1.4.0.4リリース
  • Dicom Queryを使用した重複インポート検出機能を追加しました。
  • 読み込み時に送信チェックボックスをはずす条件にモダリティを追加しました。
  • 送信時に警告を出す条件にモダリティを追加しました。
  • 患者編集画面を開いたとき、患者IDまたは患者検索IDにフォーカスを設定することができるようになりました。
  • 患者情報が未編集の場合に送信できないようにする設定を追加しました。
  • DicomDIR内に同一SOP Instance UIの画像が複数存在する場合、DicomDIRを利用しないようにしました。
  • 「?」マークのサムネイルを右クリックしたとき、DICOMチェックのメニューが表示されない問題を修正しました。
  • チェックボックスの状態により、選択検査数と選択画像が合わないことがある問題を修正しました。
  • 警告ダイアログボックスが画面外に表示されてしまうことがある問題を修正しました。
バージョン 1.3.7リリース
  • 検査ごとのDICOMファイルチェック機能を追加しました。
  • 検査ごとに検査日、検査日時、モダリティの編集ができるようになりました。
  • 左側のリストを患者単位か検査単位で表示するか、切り替える設定を追加しました。
    (検査単位でMWM等の情報を適用することができます。)
バージョン 1.3.5リリース
バージョン 1.3.4リリース
バージョン 1.3.3リリース
バージョン 1.3.1リリース
バージョン 1.3リリース
  • 磁気カードリーダーからの患者情報の読み取りに対応しました。
  • シリーズ内のサムネイル画像を表示する機能を追加しました。
  • 過去に送信したことがある検査を送信するかどうかを確認する機能を追加しました。
  • 送信エラーを送信タブの点滅でも知らせるようにしました。
  • Preludioがリリースされました。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide