線量の最適化を支援する、
Quartinaのオプション

Radames
Radamesの画面

Radamèsのご紹介

製品概要

2015年にDRLs2015が発表されたことに伴って「線量管理」という言葉が少しずつ知られるようになりました。そして2018年の診療報酬改定で線量管理が盛り込まれたことや、厚生労働省により2020年に線量管理が義務化されることが検討されていることで、すべての病院が具体的に行動を起こしていく段階になりました。

アレイが線量管理ソフトウェアRadamès(ラダメス)を販売開始したのは2015年ですが、最近になってとくに需要が増えてきています。 最終的にどのように線量管理をしていくのが良いのか、現状では明確な指針が出たとは言いきれませんが、いまRadamèsを導入していただくことは、これからの線量管理のあり方を考えていくうえでの一助になると思います。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide