線量の最適化を支援する、
Quartinaのオプション

Radames
Radamesの画面

Radamèsの特長

検像システムと連動

Radamèsは、アレイの検像システムQuartina(クアルティーナ)のオプションとして販売しています。Quaritinaは、CTなどの装置から受信した画像やRDSR(Radiation Dose Structured Report)のDicomデータを自動的にRadamèsに渡します。このときユーザーが操作する必要はありません。

すでにQuartinaをご利用いただいているところにRadamèsを追加する場合は、画像診断装置との接続に変更はないので新たな接続費用が発生しないというメリットがあります。またもし検像機能が不要な場合は、DicomのQ/Rを使って線量情報を取得できます。

さまざまなモダリティに対応

2018年現在検討されている、いわゆる「線量管理の義務化」の対象モダリティであるCT、透視、核医学はもちろん、ほかにも一般撮影とマンモグラフィに対応しています。RDSRを出す機能がない診断装置については、画像データから情報を取得できます。

臓器線量の取得

線量管理として現在必要とされているのは物理量の収集・記録です。将来はそれ以外も必要になると予想されますが、何が必要となっても対応できるよう、まずは物理量を的確に保存しておくこと、そして必要に応じていつでも情報を見たり、出力したりできるようにしておくことが基本です。

今後必要になることとしてまず考えられるのは、人体への影響の把握です。Radamèsは放射線医学総合研究所の「Waza-Ariv2」の計算プログラムとオンラインで連携し、臓器線量が算出できます。RadamèsはRDSRなどから臓器線量の計算に必要な情報を抽出して「Waza-Ariv2」に送り、返ってきた臓器線量を表示・蓄積します。

Risとの連携

Radamèsは、線量情報の収集にDicom画像データとRDSRデータを使いますが、それだけでは情報が不足する場合があります。また線量情報も検査の情報の一部としてRISで一元管理したいというご要望もあります。そのためRadamèsはRISと通信して必要な情報を補完したり、撮影条件や線量情報をRisに渡したりといったことができます。また、Risと接続することでオーダからJJ1017などの撮影コードが取得できます。撮影マスタを保持し、取得した撮影コードと紐づけることによって、プロトコルごとに線量管理ができるようになります。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide