Solutionsソリューション

DICOM非対応の診断装置の画像をPACSに入れたい

DICOM出力がない画像診断装置の画像をPACSに入力するには、いくつかの方法があります。

専用の装置で接続する

画像診断装置に専用の装置を接続すると、画像をDICOMに変換してPacsに送信できます。 この装置は画像をビデオ信号で取り込み、患者情報などの情報を付加してDICOMデータを作って、PACSに送信します。 この方法を使うと、通常の撮影の流れの中でPACSに画像を送信できるので、便利で確実です。

患者情報の入力には、いくつかの方法があります。

  • キーボードなどから手入力する方法
  • 画像の中に文字として表示されている患者情報を自動的に認識する方法
  • 磁気カードやバーコードなどから患者情報を入力する方法
  • DICOM MWM(モダリティワークリスト)

またこれらを組み合わせて使うこともできます。

内視鏡、超音波診断装置、眼底カメラなどの場合:

アレイのCappuccinoという製品を使います。Cappuccinoはカートに設置ができます。

モダリティのイラスト

DICOM

Cappuccino Duo

DICOM

PACS

PC
DICOMネットワークに接続したPCのイラスト

サーバーのイラスト
サーバー
モダリティのイラスト
モダリティ

画像ファイルをDICOMに変換してPACSに送信する

何らかの方法で画像をファイルとして取り出すことができる場合は、それをDICOM形式に変換してPACSに送信することができます。 それには、アレイのAOCというソフトウェアを使います。

デジタルカメラや一部の眼底カメラなどの画像をPACSに入力するには、この方法が便利です。

患者情報の入力には、次の方法が使えます。

  • キーボードなどから手入力する方法
  • DICOM MWM(モダリティワークリスト)

AOCで画像ファイルをDICOM化する場合の接続図

胸部レントゲン画像のJPEGファイル

JPEG等の画像ファイル

画像ファイルをリストの画像セットにドラッグ&ドロップ

Array AOCの画面

送信

PACSのイラスト
サーバー

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide