Solutionsソリューション

CDの医用画像をPACSにインポートしたい

CD/DVDなどの画像をPacsにインポートするには、メディアインポーターというソフトを使います。 アレイでは、メディアインポーターとして、Preludioという製品を用意しています。 Preludioは、長い期間メディアインポーターを研究してきたアレイのノウハウが満載。高いインポート成功率を実現しています。

システム構成図

CDの画像 CD PCの画像 Preludio サーバーの画像 Pacsサーバー

CDの画像 CD

PCの画像 Preludio サーバーの画像 Pacsサーバー

CD/DVDの画像を読み込み、検査情報を編集してPacsサーバーに送信します。

実際の画像インポートの手順は次のとおりです。

  1. まずPreludioでCD/DVDの画像を読み込みます。
  2. Preludioで、患者IDなど、変更が必要な情報を書き換えます。
  3. Preludioで読み込んだ画像の中で、インポートしたくない画像がある場合は、チェックをはずします。
  4. PreludioからPacsのイメージサーバーに画像を送ります。

インポートについては、次の点をご検討ください。

情報の書き換えのとき、もし患者基本情報(患者ID, 患者氏名、性別、生年月日など)が他のシステムからもらえるなら、ぜひそうすることをお勧めします。操作を大幅にシンプルにできるだけでなく、患者基本情報を間違う可能性をかなり減らせます。

Preludioでは、他のシステムから患者情報を受け取る方法として、Dicom MWM(Modality Worklist)を使う方法と、IHEのPDQを使う方法の2つをご用意しています。カスタマイズにより、お客さま特有のご事情に合わせた対応もできます。

Preludioを使うと、Pacsのビューアーでインポートした画像を院内の画像を区別するために、インポートした画像データに特別なDicom属性値をつけることができます。

Preludioの特長についての詳細については、下記の製品ページをご参照ください。

Preludio製品ページへ

なお、CD/DVDの画像をいったん一時Pacsにインポート画像を格納して、必要な画像だけをメインPacsに送るようなシステムを作ることもできます。このシステムについては、下記のページをご覧ください。

CD/DVDなどの画像からwebで選んだ画像だけをPacsにインポートしたい

* Preludioは、Array AOCのオプションとしてご提供いたします。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide