Supportサポート

2905M

2905Mをご利用のお客様からよくいただくご質問

起動・接続

電源が入らないのですが?

電源ケーブルがきちんと繋がっているか、本体後部にあるブレーカーがONになっているかどうかを確認してください。
確認後も電源が入らない場合は、営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

デジタイザーのLED Readyが点灯しないのですが?

通常Readyランプは電源をOnにしてまもなく点滅をはじめ、約1分で点灯状態となります。
ランプが点滅も点灯もしない場合は、フィルムが本体の中に入っていないかどうか確認してください。
またランプが点滅はするけれども点灯状態にならない場合は、光軸がずれている恐れがあります。本体の四本の足が全て水平な同一平面内に設置されているかどうかをご確認ください。
それでも点灯状態にならない場合は、光軸が完全にずれているか、電池切れが考えられますので、詳細は営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

PCに最初に接続した時に、「新しいハードウェアの追加ウィザード」が表示されますが、どのように操作すればいいのですか?

OSによってウィザードの表示される頻度が異なります。Windows 2000以前のOSの場合は起動時に表示され、Windows XPの場合は起動中に何度も表示されます。
バンドルされているScan Suiteのインストーラの中にある擬似ドライバ、またはオプションのDicom Scanのインストーラの中にある擬似ドライバをインストールすると、ウィザードは表示されなくなります。
詳細は営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

「デバイスマネージャ」で確認すると、「?その他のデバイス」の項目内に表示され、「!」マークが付いていますが?

Windows 2000以前のOSの場合は、ウィザードのキャンセルボタンを押せば、そのままご使用になれます。ただし、「!」マークが付いている場合は、営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。
また、Windows XPの場合は、擬似ドライバをインストールしないと、操作に支障をきたすことがありますのでご注意ください。
疑似ドライバは、最初に2905Mと接続したときにインストールします。詳しくは、「PC に最初に接続した時に、「新しいハードウェアの追加ウィザード」が表示されますが、どのように操作すればいいのですか?」をご覧ください。

デジタイザーがScsiデバイスとして認識されません。

次のような手順で確認してください。

  1. 1度全ての電源を切った後にScsiケーブルが繋がっているかどうか確認します。

  2. ScsiのIDが重なっていないか確認します。

SCSIは7つまでデイジーチェーンで繋ぐことができ、1-7までの異なるIDを本体で設定することができます。弊社のScsiのIDは出荷時に5に設定されていて、他に重なっている同じIDがあると2905MはScsiデバイスとして認識されません。

IDの設定変更の仕方は、2905Mユーザーズガイドをご覧ください。

付属ソフトウェア

Windows NT4.0/2000/XP で、付属ソフトウェアのインストールがうまくいきません。「必要なDLLの書き込みに失敗しました」というメッセージが表示されます。

さまざまなケースが考えられますが、例えばWindows NT・Windows 2000・Windows XPだと、Scsi汎用ドライバであるAspiマネージャが入っていないことが考えられます。
パッケージとしてAspiが入っているAdaptec社製のUltra Scsiボードを推奨していますが、お客様が他社のボードを使用している場合、もともとASPIマネージャが入っていないことがあります。
その場合は、営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

本体付属のScan Suiteでサポートしている画像データファイルの形式は何ですか?

本体付属のScan Suiteでは、次の形式の画像データファイルをサポートしています。

  • Dicom
  • 非可逆JpegのDicom
  • Jpeg
  • Tiff
  • PGM(モノクロのみ)
  • BMP(8bitsのみ)
  • Raw(Windows、Mac)

画質

スキャンした画像に縦の白い線が入っているのですが?

本体の集光部分であるキャビティに、ゴミが入っている恐れがあります。営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

スキャンした画像にモアレ(元の画像にはない粗い模様のようなパターン)が入っているのですが?

ご利用のソフトウェアによって対処方法が異なります。
Scan Modeにモアレ低減モードがある場合は、モアレ低減モードを選んでスキャンすると、モアレを低減できます。
Scan Modeにモアレ低減モードがない場合は、サンプリングピッチを変更するか、Scan Modeを高画質モードにすることによって、モアレを低減できる場合があります。
詳細は営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

スキャン

フィルムが中に入り込んで詰まってしまったのですが?

Ejectボタンを軽く押すと正方向(フィルム排出口)に、長く押すと逆方向(フィルム挿入口)に排出されます。
それでもフィルムが中に入ったまま取れない場合は、専門エンジニアのサービスが必要です(その場合、通常は有償扱いとなります)。
詳細は営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

小さいフィルムを読むときはどうすればよいですか?

小さいフィルムをスキャンする場合は、透明なホルダーに挟んでスキャンするとよいでしょう。また、セロハンテ-プでつないでスキャンする方法もあります。
なお、縦の長さが19cm未満のフィルムは絶対にスキャンしないでください。

その他

近くにサービスステーションがありますか?

販売サービス店が全国規模で展開しています。
詳細は営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide