光学濃度4.3対応 高速・高画質フィルムデジタイザー

2905Mロゴ
2905M製品画像

医療機器認証番号:21400BZZ00160000

旧型の2905(Scsi接続タイプ)をご使用のお客さまへ

平素はアレイ製品をご愛用いただき、厚くお礼申し上げます。

旧型の2905型(Scsi接続タイプ)は2006年に製造を中止しており、保守サービスにつきましても2016年6月末日をもって終了させていただきました。

なお、現行の2905M型(USB接続タイプ)につきましては、今後も販売・保守サービスを継続いたしますので、今までと変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ご不明の点につきましては、弊社営業担当者にお問い合わせください。

旧型の2905型(Scsi接続タイプ)は2016年7月1日以降、「修理」や「端末のみ更新」などのお取り扱いはできません。2905本体を現行機2905M(USB接続タイプ)に更新していただくことになりますが、どうかご理解のうえ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

2905Mのご紹介

製品概要

レーザーフィルムデジタイザー2905Mは、X線フィルムなどの透過試料の黒白画像を読みとり、デジタルデータとしてコンピュータに転送するためのイメージスキャナです。 2905Mでは、レーザーを使用しているため、読み取りが難しい濃い部分もきれいに、かつ、高速で読み取ることが可能です。 また、インターフェイスとしてUSB2.0を採用しているので、データ転送も高速に行えます。

2905Mは、最大100枚までのサイズの違うフィルムをまとめてスキャンできるオートフィーダーや、100mm幅のロールフィルムをスキャンするためのロールフィルムアダプタといったオプションも充実しています。 さらに、オプションのArray AOCと組み合わせることで、スキャン画像をDicom通信でイメージサーバーに送信したり、Dicomイメージャで高品質等倍デジタルデュープを簡単に作成することもできます。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide