Solutionsソリューション

医用画像をPACSに入れる前に検像したい

画像診断装置の画像をPACSに入れる前にチェック・編集するには、Quartinaという製品を使います。
モダリティのイラスト モダリティのイラスト
各種モダリティ

DICOM Storage

Quartinaが稼働するPCのイラスト
Quartina

DICOM Storage DICOM Q/R

PACSのイラスト
PACSサーバー
Quartinaは画像診断装置とPACSの画像サーバーの間に入ります。画像診断装置の画像はいったんQuartinaが受信して、チェックしたものや、必要な編集をしたものだけをPACSに送ります。 Quartinaには多彩な自動・手動編集機能があり、それぞれの現場に合った設定が可能です。
  • DICOMイメージサーバへのストア
  • 画像を見る。
  • 画像の付加情報を見る。
  • 画像の付加情報をRISの情報と比較表示し、違うところがあれば示す。
  • HISやカルテなどの患者基本情報を画像に付加する。
  • モダリティによって違っている患者情報の内容や形式を統一する。
  • 画像の付加情報を手動編集する。
  • 画像のウィンドウ値(WL, WW)を変更する。
  • 画像に文字を重ねる。
  • 画像の構成(患者・検査・シリーズ・画像)を編集する。
  • 条件によって画像の構成や付加情報を自動的に変更する。
  • 条件によって画像やシリーズの順序を自動的に変更する。
  • 条件によって送るPACSサーバーを変える。
  • 画像、シリーズ、検査に任意のマークをつける。
  • 画像、シリーズ、検査に条件によって自動的にマークをつける。
  • 画像を送信したことをRISに通知する。
  • 一定時間操作されなかった画像は自動的にPACSサーバーに送る。
画像診断装置が多いときや、発生する画像が多いときは、複数台のQuartinaが必要になることがあります。
RISサーバーのイラスト
RIS情報
オーダー情報
Quartinaが稼働するPCのイラスト Quartinaが稼働するPCのイラスト
検像システム
DICOM Storage
モダリティのイラスト モダリティのイラスト
各種モダリティ
DICOM Storage DICOM Q/R
PACSのイラスト
PACS
伝票印刷 DICOM Print

Windowsプリンターのイラスト

DICOMイメージャーのイラスト

また、Quartina Bandaを使うと、ネットワーク上の別のPCからQuartinaを操作できます。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide