Informationお知らせ

国際医用画像総合展(ITEM2019)に出展しました

公開日:最終更新日:

アレイ株式会社は国際医用画像総合展(Item2019)に出展いたしました。たくさんのみなさまにご来場いただき、ありがごうございました。

国際医用画像総合展(Item2019)

  • 開催日時:
    4月12日(金) 10:00-17:00
    4月13日(土) 9:30-17:00
    4月14日(日) 9:30-15:00
  • 会場:パシフィコ横浜 展示ホール A(一部), B, C, D
  • 小間番号:013

展示テーマ:最適な線量を目指して

展示製品

Array AOC7
動画やマルチレームが自由自在。多彩な機能のすべてを、シンプルで美しいインターフェイスで。
Radamès
検像システムと連携して線量管理をするシステムです。モダリティが出力したRDSRデータを管理し、データや集計結果を表示します。患者さまごとの線量トラックもできます。
Array Quartina
Pacs入力前に画像をチェック・編集する検像システムです。複雑な条件の自動処理にも柔軟に対応します。使いやすさを追求したユーザーインターフェイスも特長です。
KioStesso(自立型)
患者さまご自身で画像をインポートしていただくキオスク端末です。ATMのような優しくわかりやすい操作。患者さまにも簡単に操作していただけます。
2019モデル初発表になります。
Preludio quattro
4台の光学ドライブで並列読み込みができるインポート専用機。タッチスクリーンで簡単に操作できるのも魅力です。オプションでnetPDIからのインポートにも対応します。
Array AOC Preludio
他施設から来た画像をPacsにインポートするためのソフトです。CDやDVDだけでなく、オプションでnetPDIからのインポートにも対応します。
Grand Bleu
他施設から来た画像を一時的に保存するテンポラリーPacsです。メインPacsにインポートする画像を選択できます。
Gattino Essential
ミニマムコストで各モダリティへ患者属性配布。スーパーエコノミーワークリストサーバー
AOC7 web Export
Webブラウザーを使ってPacsの画像をエクスポートするシステムです。院内のさまざまな場所からエクスポート指示ができます。CDの作成はもちろん、netPDIにも対応。netPDIのトークンシートがプリントできるのはもちろん、PacsだけでなくSS-Mixストレージに置かれた検査結果や処方の情報がエクスポートできます。
※ 従来のAOCでも使用できます。
Connecticut pro
Dicom画像データを、さまざまな条件によって必要なサーバーに配信するルーターです。
2905M
マンモフィルムにも十分な光学濃度0.00-4.30の広いダイナミックレンジと高速スキャン、安定性を実現した孤高のフィルムデジタイザー世界標準機。ソフトウェアの機能も充実しています。
netPDI
日本IHE協会が推進する、インターネットを使った医療情報転送サービスです。

Jira企画コーナーデモスペース 講演

演題:線量管理システム「Radamès」のご紹介

  • 発表日時:4月12日(金) 16:00-16:15

演題:netPDIのご紹介

  • 発表日時:4月13日(土) 13:20-13:35

国際医用画像総合展(Item in JRC):一般社団法人 日本画像医療システム工業会【Jira

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide