Informationお知らせ

第2回 画像検証・OAシステムを考えるセミナーに参加しました

アレイ株式会社は、2010年5月8日(土)、5月9日(日)に熊本県阿蘇市で開催された「第2回 画像検証・QAシステムを考えるセミナー」に参加いたしました。たくさんの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

展示内容

テーマ
画像入力のワークフローにおける検像の必要性
展示製品
– Array Quartina
– Array AOC + WebCDオプション
– Rimage 5400N
– EPSON PP-100

プログラム

(誠に勝手ながら、敬称を略させていただいております)

5月8日(土)
13:00–15:00施設運営紹介(可搬媒体・検像に関するテーマ)
  1. 「電子カルテと連携した院外紹介画像出力システムの運用」
     山口大学医学部付属病院 放射線部 岩永 秀幸
  2. 「当院と地域連携における電子可搬媒体運用の現状と課題」
     南風病院 放射線部 白石 朋之
  3. 「佐賀県南部医療圏の可搬メディアについて」
     犬塚病院 江頭達成
  4. 「フィルムレス運用における検像システムの導入」
     新別府病院 吉武 貴康
  5. 「熊本機能病院 地域医療連携 画像診断センターの整形外科領域における検像の状況」
     熊本機能病院 地域医療連携 画像診断センター 森高照郎
15:10–16:00ベンダー プレゼンテーション(各ベンダー10分)
  1. 横河電機
  2. コニカミノルタ
  3. インフォコム西日本
  4. アレイ
  5. リマージュ
  6. コドニックス
16:10–16:50
講演1・実機操作・ディスカッション
「PDIの基礎知識」
コドニックス・リミテッド株式会社 テクニカルソリューション担当部長 早馬 克宣
17:00–18:30
講演1・実機操作・ディスカッション
実習(実機操作)各装置15分で6社の装置を実際に操作して頂きます
19:00–21:00情報交換会
5月9日(日)
8:00–9:00実機操作(自由参加)
9:00–11:30講演2(画像検証・QA・可搬媒体に関するテーマ)
「画像情報の電子保存において押さえるべきポイント」
熊本大学医学部附属病院 医療技術部 栃原秀一
「可搬媒体による画像情報の共有における現状と問題点」
熊本大学医学部附属病院 医療技術部 金縄貴之
「画像検証・QAシステムにおける医用モニタ管理の重要性」
東京特殊電線 長谷川幹夫
「フィルム運用施設における画像情報提供の現状と問題点」
国東市民病院 吉本旭
11:30–12:00
ディスカッション(統括)
「フィルムレス運用における問題点を共有しよう!」

画像検証・QAシステムを考えるセミナー公式サイト

会場の様子

4

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide