軽快で使いやすい高機能
Dicom画像データ統合管理ワークステーション

Array AOCロゴ
Array AOCリスト画面

医療機器認証番号:226AGBZX00097000

Array AOCについてのFAQ

どんな製品ですか?

ローカルデータベースを備えた操作性のよいDicom画像データの統合管理ワークステーションです。

便利なローカルデータベース、使いやすいビューアー、豊富なDicomサービス、柔軟なDicomデータ編集機能など、多彩な機能が簡単な操作でご利用いただけます。

また、Pacsと外の世界をつなぐゲートウェイとして、豊富な機能を備えています。

どんな目的で使うものですか?

DICOM画像の整理・検索
画像ファイリングソフトとして、フォルダを使って診断画像を整理したり、目的の画像をすぐに探し出すために使います。画像に付帯するDicom情報を編集できます。
診断画像のビュー
画像ビューアーとして、画像を切り替えたり、サイズ・トーンを変えたりしながら画像を見るために使います。タイムラインを使って、同一患者の検査履歴を簡単に比較できます。
CD/DVDからpacsへの画像データのインポート *
外部から持ち込まれるCD/DVDの画像をpacsに入力するために使います。IHEの統合プロファイル”IRWF(Import Reconciliation Workflow)”に対応しており、Dicomモダリティ・ワークリスト(MWM)から患者情報を取得・適用し、オリジナルの情報やインポート履歴を残すことができます。MPPS(Modality Performed Procedure Step)サーバーにインポート作業の進捗を送信したり、Pacsサーバーに送信後、Storage Comitementで確認することもできます。
Dicomファイル以外の一般画像ファイル(jpegjpeg2000、tiff、BMPなど)の画像データも入力できます。
フィルムからPacsへの画像のインポート *
外部から持ち込まれる検査画像フィルムを別売のレーザーフィルムデジタイザでスキャンして入力するために使います。画像の自動分割や、高画質等倍デジタルデュープも作成できます。
CD/DVDの作成 *
Pacs・画像診断装置・AOC自身が持つ画像からCD/DVDを作成するために使います。作成するCD/DVDはIHEのPDIに準拠しており、Windows用ビューアーを内蔵しています。HTMLコンテンツも含まれますのでWindows以外のシステムでも画像を参照できます。
小規模画像サーバー *
小規模画像サーバーとして、診断画像を他のAOCに配信するために使います。
DICOMプリント・Windowsプリント
画像プリントソフトとして、診断画像をレイアウトしてDicomイメージャやWindowsプリンタでプリントするために使います。
画像のファイル出力
診断画像をファイル出力し、プレゼンテーションや画像処理など、他のソフトウェアで利用するために使います。Dicomや一般の画像ファイル(jpegjpeg2000、tiff、BMPなど)のほか、Dicom Storage SCUやDicom Q/R SCP*を使用することもできます。

* オプション

どこが優れているのですか?

簡単な操作・高速な動作
操作がわかりやすく、メールソフトのように簡単に使うことができます。動作も速く、お客様にストレスを感じさせません。
日本語
メッセージはすべて日本語表示。日本語の氏名やふりがなにもきめ細かく対応しています。
標準でDicomプリントとWindowsプリントが可能
DicomプリントとWindowsプリントを標準でサポートしています。
機能豊富なローカルデータベース
重い画像データを自動/手動で削除できるパージ機能や、削除した画像データも必要なときにサーバーから自動取得する機能、Dicom属性の編集・検査の分割・シリーズの分割機能など、当製品独自の機能をはじめ、その他多くの機能をもつローカルデータベースを備えています。
多彩なビュー支援機能
画像ビューのための機能も充実しています。
各種画像ファイルをサポート
Dicomのほか、一般の画像ファイル(jpegjpeg2000、tiff、BMPなど)の読み込み・書き出しが可能です。

PC内蔵のドライブでCD/DVDを作成したり、CD/DVDからデータをインポートできますか?

はい。

診断画像のCD/DVDを作成、またはインポートする際にディスクドライブを選べますので、内蔵ドライブも利用できます。 ただし、CD/DVDの作成にはメディアへの書き込みができるドライブが必要です。あらかじめお使いのディスクドライブをお確かめください。

他院のCDのデータをインポートできますか? インポートはDicom以外のファイルでもできますか?

はい。

Array AOCでサポートしている画像データの形式であればインポートできます。

Dicom形式はもちろん、一般の画像データ(jpegjpeg2000、tiff、BMPなど)もインポートできます。

AOCで作成するCDにはビューアーは内蔵されていますか?

はい。

Array AOCで作成されるCD/DVDには、Webブラウザから診断画像を見る機能とともに、専用ビューアーが一緒に書き込まれています。 作成済みのCD/DVDを下記の仕様を満たすPCにセットすれば、すぐに画像が見られます。

OSWindows 10 Pro(64ビット版、32ビット版)
Windows 8.1(64ビット版、32ビット版)
Windows 7(64ビット版、32ビット版)
Windows Vista(32ビット版)
Windows XP SP3以降(32ビット版)
WebブラウザInternet Explorer 6以降
メモリ1GB以上

バージョンアップなどの保守契約はありますか?

はい。

電話でのお問い合わせや障害対応、バージョンアップがご利用いただけるサポートプログラムをご用意しています。

詳細は営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

オプションはありますか?

はい。

オプションとして、次のものをご用意しています。

CD/DVDインポート機能
外部から持ち込まれたCD/DVDを画像データを読み込み、検査情報を修正し、Pacsサーバーに送信する機能です。
IHEの統合プロファイル”IRWF(Import Reconciliation Workflow)”に対応しており、Dicomモダリティ・ワークリスト(MWM)から患者情報を取得・適用し、オリジナルの情報やインポート履歴を残すことができます。MPPS(Modality Performed Procedure Step)サーバーにインポート作業の進捗を送信したり、Pacsサーバーに送信後、Storage Comitementで確認することもできます。
IRWFを実現する環境がない場合でも、IRWFの一部だけを利用したり、IRWFを利用せずにインポートすることが可能です。
Dicom形式の画像データについては、自動的にDicomに変換されます。
また、Rimageのディスクパブリッシャーをご使用の場合は、複数枚のCD/DVDから連続して読み込むことができます。
IRWFオプション
Dicom属性を編集・保存する際に、オリジナルデータと変更履歴を含めることができます。このオプションには、MPPS(Modality Performed Procedure Step)/ Storage Comitementが含まれます。
CD/DVD作成機能
Pacsサーバーやローカルデータベースの画像データから、IHE PDIに準拠したCD / DVDを作成できます。
PC付属のCD/DVDドライブ(内蔵・外付け)とインクジェットプリンタが利用できるほか、RimageのディスクパブリッシャーやEpsonのディスクプロデューサーが使用できます。
作成されるCD/DVDには、ビューアーとWebコンテンツが含まれます。
Dicomサービス
Dicom Storage SCP:
モダリティから出力されたDICOMストレージデータを直接受信できます。
Dicom Query & Retreive SCP:
検索条件にあわせてクライアント端末に配信できます。
Dicom Modality Worklist Management SCU:
患者ID、受付番号、日付などの検索キーを使ってワークリストサーバーに検査情報を問い合わせて設定できます。
Dicom Modality Performed Procedure Step(MPPS) SCU:
MPPSサーバーにインポート作業の進捗を送信できます。IRWFオプションで使用します。
Dicom Storage Commitment SCU:
PACSサーバーに画像を送信後、IRWFに基づいてStorage Commitmentで確認できます。IRWFオプションで使用します。
AOC Scan
アレイのレーザーフィルムデジタイザ2905Mとの接続で、独自のキャリブレーション技術を利用した等倍・高画質デジタルデュープが作成できます。

AOC Scanでできるフィルムのデュ-プは等倍ですか?

はい。

等倍です。

AOC ServerとAOC Professionalは、どう違うのですか?また、どのような使用法があるのですか?

Array AOCには、サーバー版(AOC Server)とクライアント版(AOC Professional)があります。

AOC Professional はDicom画像ビューアーとしてご利用いただいていますが、AOC Serverと組み合わせることによって、コンパクトな画像ファイリングシステムを簡単につくることができます。

AOC ServerはAOCで画像を共有するためのサーバーソフトウェアで、AOC Professionalのすべての特長・機能に加え、次のような機能があります。

  • クライアント(AOC Professional)への条件指定プリフェッチ
  • Dicomインターフェイスによる画像の高速転送
  • 画像ファイリングシステムの作成

Array View Liteとどう違うのですか?

Array AOCはArray View Liteとちがってローカルデータベースを持ち、Dicomの数々のサービスに対応していて、画像表示機能も豊富に揃えています。

また表示可能な画像データ形式の種類も豊富で、カラー画像にも対応しています。さまざまなオプションがあり、機能を拡張することも可能です。

Dicomサービスクラスは何をサポートしていますか?

  • Dicom Storage SCU
  • Dicom Storage SCP(オプション)
  • Dicom Print SCU
  • Dicom Query & Retrieve SCU
  • Dicom Query & Retrieve SCP(オプション)
  • Dicom Modality Worklist Management SCU(オプション)
  • Dicom Modality Performed Procedure Step(MPPS) SCU(オプション:IRWFで使用)
  • Dicom Storage Commitment SCU (オプション:IRWFで使用)

モダリティとの接続実績は?

営業担当者またはアレイのカスタマーソリューション部までお問い合わせください。

レーザードライイメージャとの接続実績は?

次のレーザードライイメージャとの接続実績があります。(50音順)

  • アグフア Drystarシリーズ
  • コダック ドライビューシリーズ
  • コニカミノルタDryproシリーズ
  • 富士フイルムDrypixシリーズ

Windowsにもさまざまなバージョンがありますが、どれに対応していますか?

現在のところ、次のバージョンに対応しています。

  • Windows 10 Pro(64ビット版、32ビット版)
  • Windows 8.1 Pro(64ビット版、32ビット版)
  • Windows 7 SP1 Ultimate/Professional(64ビット版、32ビット版)

* Windows 7のXPモードには対応していません。

推奨する使用環境は?

メモリ4GB以上
CPUCore i5以上
ハードディスク250GB以上の空き容量
ディスプレイ1280×1024ピクセル以上の解像度

サポートしている画像データファイルの形式は何ですか?

次の形式の画像データファイルが入出力できます。

  • jpeg
  • jpeg2000
  • tiff
  • BMP(8bitsのみ)
  • PGM
  • Raw(Windows、Mac)(出力のみ)

一部上記のフォーマットでも読み込めない場合があります。

IRWFというのは何ですか?

Import Reconciliation WorkFlowの略で、アイアールダブリューエフと読みます。 IHE*(Integrating the Healthcare Enterprise)が定める統合プロファイルの1つで、他施設などから持ち込まれたCD-Rなどのポータブルメディアのデータを、自施設で使用するためにインポートし、患者情報などを編集してPacsサーバーに保存する方法についてのガイドラインを定めています。

Array AOCのメディアインポーター機能オプション、およびIRWFオプションは、IRWFに対応しています。

*  IHEは、RSNA(北米放射線学会)とHIMSS(病院情報管理システム学会)によって設置された、医療システムの相互通信と医療情報の統合を促進するためのプロジェクトです。日本では、IHE-Jとして活動しています。

PDIというのは何ですか?

Portable Data for Imagingの略で、ピーディーアイと呼びます。Dicomデータをさまざまな医療機関で利用するため、IHE(Integrating the Healthcare Enterprise)がCD-Rなどのポータブルメディアに保存する方法について定めた一種のガイドラインです(これを「統合プロファイル」と呼びます)。Array AOCのCD/DVD作成機能で作成された診断画像ディスクはPDIに対応しています。

自社開発ですか?

AOCは当社の自社開発製品です。

製品名の由来はなんですか?

当製品開発のコードネームは当初AOVDQSといい、Array Open Viewer for Dicom Query/retrieve and Storageの頭文字をとってそう呼ばれていました。しかし、当社のワイン好きのプロジェクトマネージャが、コードネームのAOVDQSをAOCにしようではないかと発案しました。というのは、下のフランスワイン分類図の中でAOVDQSは上から2段目のランクに位置しているけれども、当社が開発しようとしていたのは最上段のAOCランクに匹敵するDicomビューアーだったからです。数多くの製品が乱立するDicomビューアー市場において、フランスワインのAOCのように高品質のビューワをお客様にご提供するという意味を込めて、当製品はAOCと名づけられました。

AOCは、Appellation d’Origine Contrôlée(アペラスィオン・ドリジヌ・コントロレ)の頭文字で、1935年に制定された原産地呼称統制法にもとづくフランスの上質ワインのことです。この呼称を得るためには、全国原産地名称協会が決め、フランスの農務省が承認した生産条件を満たさなければなりません。この基準は大変厳しく、厳しい検査に合格したワインだけがAOCを名乗ることができます。フランスワイン分類を表した下の図で、最上段に位置するのがそのAOCです。

フランスワイン分類

AOC AOVDQS Vin de Pays Vin de Table

なお、AOCはワインだけでなく、ほかの食品でも制定されています。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide