Connecticut proの更新情報


バージョン 3Jリリース
  • DICOMネットワークで接続する各AEとのアソシエーション処理速度を改善しました。
  • 以下の転送構文(Transfer Syntax)に対応しました。
    • JPEG-LS Lossless Image Compression (1.2.840.10008.1.2.4.80)
    • JPEG-LS Lossy (Near-Lossless) Image Compression (1.2.840.10008.1.2.4.81)
    • JPEG 2000 Image Compression (Lossless Only) (1.2.840.10008.1.2.4.90)
    • JPEG 2000 Image Compression (1.2.840.10008.1.2.4.91)
  • DICOM属性情報の編集処理速度を改善しました。
  • DICOM属性情報などを元にした送信先変更の処理速度を改善しました。
  • Windowsサービスとして動作するようになりました。ユーザーがWindowsにログオンして起動の操作をしなくても、Windowsの起動時にConnecticut proも自動で起動します。
  • 何らかの原因で送信処理が停止した場合、1分以内に処理を再開できるようにしました。

バージョン 2リリース
  • 製品名がConnecticut proに変わりました。
  • 受信、送信先の振り分け、送信の各処理モジュールを64ビット化しました。 これにより、送受信の処理速度が向上しました。
  • WebクライアントUIを刷新しました。 デスクトップPCやタブレットなど幅広いデバイスに対し、外観や操作方法が最適化され、直感的で使いやすいインターフェイスに変わりました。
  • セキュリティ向上ため、Webクライアントからのアクセス時にWindowsアカウントによる認証機能を追加しました。
  • 対応ブラウザが以下に変更になりました:
    • Google Chrome バージョン51以降
    • Firefox バージョン48以降
    • Internet Explorer 11
  • エラー画像の情報表示機能を追加しました。
  • ログをアーカイブ化してダウンロードする機能を追加しました。

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide