Tutorialチュートリアル

DICOMとは?

Dicomとは?

DicomはDigital Imaging and Communications in Medicineの頭文字で、「ダイコム」と読みます。CT・MRI・内視鏡・超音波などの医用画像診断装置、医用画像プリンタ、医用画像システム、医療情報システムなどの間でデジタル画像データや関連する診療データを通信したり、保存したりする方法を定めた国際標準規格です。

ACR(北米放射線学会)とNema(米国電機工業会)によって1985年に最初の規格ACR-Nema300-1985が制定されました。その後も進化を続け、1993年にRSNAにおいて承認された新しい規格がDicomと名づけられ、現在に至っています。

Dicom規格書は随時更新され、Nemaから出版されています。その数は、本編Part1~16、補遺Supplement1~75にのぼり(2002年9月6日現在)、基本的に英文で記述されています。Jira(社団法人日本画像医療システム工業会)Dicom委員会やいくつかの団体によって、Dicom規格の一部の和訳が公開されています。

Dicomは広範囲にわたって規格が定められていて、その定義の中には幾通りかに解釈できる部分があります。また、Dicomの各情報の内容にも必須である項目とそうでない項目があるため、必須でない項目に対する各社の対応の違いには幅があります。そのため「Dicom対応」を主張する場合、Dicomのさまざまな機能のうちどの部分に対応できるのか、製造者はそのサポート範囲について明確に宣言するよう求められています。これを「コンフォーマンス・ステートメント(適合性宣言)」といい、接続に必要となる各種の技術情報が記述されています。このコンフォーマンス・ステートメントを交換することによって、機器の接続に関してメーカー間で仕様を確認したり、ユーザーが性能比較や機器同士の互換性確認をすることができます。

Dicom規格では、医用画像ネットワークで必要となるさまざまな機能をサービスと呼んでいます。サービスは「画像受送信」「画像プリント」「画像検索」などの分野ごとにまとめられ、次のようなサービスクラスとして定められています。

Dicomのサービスクラス

Basic Worklist Management Service Class
作業リストを取得する機能
Modality Performed Procedure Step Service Class
検査作業結果をHIS/RISに送る機能
Modality Worklist Management Service Class
検査情報を取得する機能
Patient Management Service Class
外来・入退院・人口統計などに関する情報を扱う機能
Print Management Service Class
診断装置からイメージャなどに画像を出力する機能
Query/Retrieve Service Class
画像データなどの問い合わせ・検索、取得をする機能
Results Management Service Class
検査結果に関する情報を管理する機能
Storage Commitment Service Class
画像データなどの保管状況を知らせる機能
Storage Service Class
装置間で画像データなどを送受信する機能
Study Management Service Class
画像検査の生成、スケジューリング、実行、追跡をする機能
Study Content Notification Service Class
検査内容や画像の格納先を知らせる機能
Verification Service Class
Dicom接続できるかどうかの確認をする機能

上記のすべてのサービスクラスには、サービスを提供する側と、サービスを利用する側の2つがあります。前者をSCP(Service Class Provider)、後者をSCU(Service Class User)といいます。 また、上記のサービスクラスのうち、特によく利用されるのは次のサービスクラスです。

  • Modality Performed Procedure Step Service Class
  • Modality Worklist Management Service Class
  • Print Management Service Class
  • Query/Retrieve Service Class
  • Storage Service Class
  • Verification Service Class

Array Corporation アレイ株式会社

アレイは、医用画像、科学・工業用画像の分野を中心に、デジタル画像処理・画像解析の質の高いソリューションを提供します。

Array Worldwide